メタボリックシンドローム メタボリック シンドローム メタボリック シンドローム 予防 診断基準 食事 メタボリック・シンドロームの予防 | メタボリック・シンドロームの恐怖
メタボリックシンドロームの情報やメタボリック シンドロームの対策、メタボリック シンドロームの予防や診断基準、食事の情報

スポンサーサイト

  • 2006.11.18 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


メタボリック・シンドロームの原因と予防

メタボリック・シンドロームはあくまでも結果です。結果には原因が必ずあります。
メタボリック・シンドロームの原因は主に生活習慣と食生活にあります。

メタボリック・シンドロームの根本の原因は肥満なのですが、その原因には暴飲暴食、運動不足といった悪い生活習慣が必ずあるのです。

日ごろ、目いっぱい満腹になるまで食べてしまう、間食をしてしまう、濃い味付けを好んで食べる、などの習慣は、見直す必要があります。

またメタボリック・シンドロームになってしまう大きな原因でもある運動不足。忙しい現代人には大きなテーマですね。

体の余分な脂肪を燃焼させるには有酸素運動が必要です。水泳やウォーキング、エアロビクスなどの運動を10分以上続けることで効果があります。

水泳やエアロビはわざわざスポーツクラブなどに行かなくてはいけないのでお勧めは
ウォーキングです。エレベーターやエスカレーターを使わず階段を歩くだけでも全然違いますので歩く事を心がけてください。

ヒトの体は運動をしていない状態でもカロリーを消費しています。これが基礎代謝といわれるものです。

普段から規則正しい生活をして極力歩くということがメタボリック・シンドロームを予防するコツなのですね。


メタボリックシンドローム メタボリック シンドローム メタボリック シンドローム 予防 診断基準 食事