メタボリックシンドローム メタボリック シンドローム メタボリック シンドローム 予防 診断基準 食事 メタボリック・シンドロームの診断基準 | メタボリック・シンドロームの恐怖
メタボリックシンドロームの情報やメタボリック シンドロームの対策、メタボリック シンドロームの予防や診断基準、食事の情報

スポンサーサイト

  • 2006.11.18 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


メタボリックシンドロームの簡単な診断基準

メタボリック・シンドロームは具体的にはどのように診断する基準があるのでしょうか。
内臓脂肪の蓄積はウエストのおおきさで判断し、男性の場合は85cm以上、女性の場合は90cm以上をメタボリック・シンドローム診断基準としているようです。

この数字は、内臓脂肪を腹部をCTスキャンなどで細かく測定した場合、断面積100cmに相当するそうです。

ウエストの測り方はおへそのまわりを測ることです。腰の一番細いところではないので、気をつけて下さい。ごまかしてはいけません。

メタボリック・シンドロームでの危険因子の重複が、動脈硬化疾患などのの重要な原因であることが近年、社会的に認められてきたようです。

そのため定期健康診断で、メタボリック・シンドロームの原因のひとつでもあり「死の四重奏」といわれる血圧、肥満、血糖、血中脂質に異常が見られる人に対して、二次検査を受ける費用などについて労災保険が適用されることになりました。

そのほか中性脂肪値が150mg/dl以上、HDLコレステロール値が40mg/dl未満、また収縮期の血圧が、130以上、または拡張期血圧(下)が85以上や空腹時の血糖値が110mg/dl以上等の数値もメタボリック・シンドローム診断基準となります。


メタボリックシンドローム メタボリック シンドローム メタボリック シンドローム 予防 診断基準 食事