メタボリックシンドローム メタボリック シンドローム メタボリック シンドローム 予防 診断基準 食事 メタボリック・シンドロームの予防 | メタボリック・シンドロームの恐怖
メタボリックシンドロームの情報やメタボリック シンドロームの対策、メタボリック シンドロームの予防や診断基準、食事の情報

スポンサーサイト

  • 2006.11.18 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


なってからでは遅い「メタボリック シンドローム」

メタボリック・シンドロームに該当するケースの場合、放っておくと、血管が硬くなったり、もろくなったり、詰まったりして、心筋梗塞や狭心症、脳梗塞などの病気につながる危険が膨れ上がります、

ですがメタボリック・シンドロームの状態からじっさいに症状が出てくるまでは、自覚症状のないまま病状が進行するケースが多々あります。

ですので、メタボリック・シンドロームについては対症療法ではなく普段からの予防が大切です。

参考までにメタボリック・シンドロームに該当するヒトの場合とそうでないヒトの場合では糖尿病を発症するリスクは通常の7〜9倍、心臓病の発症リスクが10倍近く、心筋梗塞や脳卒中を発症するリスクは約3倍といわれております。

とにもかくにもメタボリック・シンドロームはなってから直すのではなく予防がなにより重要といえます。

メタボリック・シンドロームになってしまってからでは遅いのです。


メタボリックシンドローム メタボリック シンドローム メタボリック シンドローム 予防 診断基準 食事